SSブログ
QLOOKアクセス解析

とある科学の超電磁砲 ep9 「マジョリティ・リポート」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

とある科学の超電磁砲 ~レールガン~ 第9話 「マジョリティ・リポート」 感想です。

『さて、先程の話の続きだが、同程度の露出でも、何故水着は良くて下着はダメなのか?』
『いや、そっちではなく…』
『しかし、起伏に乏しい私の体を見て… 劣情を催す男性がいるとは…』
『趣味思考は人それぞれですの!それに、殿方で無くても、歪んだ情欲を抱く同姓もいますのよ!ねえ!!』
…… ” 歪んだ情欲を抱く同姓 ” それは貴方の事じゃありませんの?? 美琴に対してだけですがwww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
kazari_gif.gif2ri1.jpg

残念美人の起伏の乏しい体を見て、劣情を催した人~ (^o^)/ つか、起伏は十分ありますがな!
って訳で第9話です。
今回は、つよカワイイ黒子を愛でる回&悩める涙子を見守る回でしたね~。
黒子はこれがあるからな… 今回で、さらに惚れた!! いつもの変態は何処へやらマジ良かったっす。 (´∀`*)
変態暴走モードとシリアスのギャップがハンパ無いッスね。
しかも、一度は追い詰められての逆転劇! 何気にいつも圧倒的に勝ってしまう美琴より主人公っぽい!?

harumi3.jpgkuroko1.jpg

今回の悪役「トリック」は以外に強いかも!? ガチで上条ちゃんに勝てるかもね。 腕っ節で!!
しかし『俺達ぁよ~、レベルアッパー手に入れる前は、お前たちジャッジメントにビクビクしてたんだぁ…だから』
って、どんだけ、暗くひもじい生活を送っていたんだww 能力なんて無くても普通に堂々としろよwww

kuroko5.jpgkuroko10.jpg

でも、今回の戦闘描写は凄く良かった、やはり、決着の付く直前まで敵の能力が判らないのが奏功しましたね。
前回のアネゴみたいに、自ら速攻でバラして敗北フラグを立てちゃうのは、やっぱ拍子抜けしますよ…
能力描写も、カラクリが判りそうで判らない表現に止めて、逆転できるのか?活路はあるのか?って緊張感が持続しましたね。実際、私は原作を読んでないので、黒子負けちゃうのか?? って本気で心配しました。^^;
その上での逆転劇ですので、カタルシスを伴った爽快感に繋がっていましたね。GOOD

minna1.jpgruiko1.jpg

涙子のコンプレックスが増大しまくりですね… 最近になってすごいレベルの人達が身近になったんで余計に、ですかね~。
でも、イケてない殿方を助ける為に、強面の大男3人に向かっていくなんて、佐天さんは立派です!
美少女限定でしか助けない疑惑のある、某イマジンブレイカーより、余程正義感のある良い娘ですよ。(*´∀`)

そして、ついに手に入れたレベルアッパー(マジコン)… アレを使うともう戻れなくなるよ!?
さらに悪い事に、友達まで… 自分で使うなら自己責任だけど、友達まで巻き込んでは…
なんか、佐天が取り返しの付かないことをしでかしそうな…

それは、さておき。久しぶりのスカートめくり!! 飾利のリアクションが可愛すぎるww (*´∀`)
もう、唯でも、リサでも、かなでも、何でも同じに聞こえようが 「豊崎愛生」ボイス良すぎます。力抜ける~ ^^

では次回 第10話 「サイレント・マジョリティ」 … サンデーサイレンス産駒ですか??
所で、鋼盾鞠彦って誰なんでしょう? イケてない殿方? それとも、アンチスキルの人かな?
名前からして、アンチスキルの人っぽいけど、顔も出てないのに何故名前を?余程の重要人物か!?

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
ruiko11.jpgmikoto1.jpg2ri2.jpg2ri3.jpgfure1.jpgharumi2.jpgkazari2.jpgkuroko2.jpgkuroko3.jpgkuroko7.jpgkuroko8.jpgkuroko12.jpgruiko3.jpgkuroko4.jpgruiko5.jpgruiko9.jpgruiko10.jpg

関連記事リンク
とある魔術の禁書目録 総括評価・レビュー・感想  とある魔術の禁書目録OP/ED動画
とある科学の超電磁砲 各話感想  とある科学の超電磁砲 OP/ED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(18) 
共通テーマ:アニメ

nice! 12

コメント 3

NO NAME

鋼盾鞠彦はたぶん、涙子が助けようとしたあのデブかと。
別に原作でもこの名前は一切出てないので、気にする必要はないかなw
by NO NAME (2009-11-29 11:18) 

HINAKA

HINAKAです。

rainman様

余計なお世話ですが、マジョリティは大多数とか、大勢という意味で、反対語はマイノリティです。
「マジョリティ・リポート」直訳すれば、「大多数の報告」意訳すると、「ほとんどの意見」という事で、今回この事からすれば「レベル・アッパーは危険!」とか「レベル・アッパーでレベルを上げても意味は無い」というのが、大多数の意見。

そして、次回の「サイレント・マジョリティ」は「静かな多数」特に政治用語で、「声無き(力無き)多数派」要するに無党派層の事ですが、昨今の選挙状勢を考える時に、無視できぬ勢力でもあります。
余計な事ですが、様々な製品やソフト開発で、以前のままで良かったものを、何でこんな風にしたんだ!?という局面が、良くあります。
何でもそうですが、苦情や非難批判は、聞こえて来ますが「そのままで使い勝手がいいものや、その機能が良い!」という肯定や好感度というものは、その気になって調査をしないと、なかなか分かりません。

その為に、様々な製品やソフトが(例えばこのSo-netブログが)、バージョンアップやマイナー・チェンジを図ると、「何でそうなるの!?」という事態が、度々起こります。
こういう事態を、「サイレント・マジョリティの判断を誤った」と、当事者が認識してくれると良いのですが、政治家を始めなかなか認めたがらないのが、ナゼか普通です。

さて次回の「超電磁砲」は「他力本願でも、機械頼りでも、それでもレベル・アップしたい!」のが、大衆の本音?と、言う意味でしょうか?
女の子4人組の中で、唯一の常識人?挨拶代わりに、友人のスカートをめくって、パンツの柄を確認さえしなければ、真人間の佐天さんがその常識人度を試されるのでしょうか?

赤信号、みんなで渡れば、怖くない!?という事で、今回は失礼致します。


by HINAKA (2009-12-04 07:13) 

rainman

NO NAMEさん、HINAKAさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。

by rainman (2009-12-06 07:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 18

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます