So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

とある科学の超電磁砲 ep7 「能力とちから」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

とある科学の超電磁砲 ~レールガン~ 第7話 「能力とちから」 感想です。

連続爆弾テロの被害が拡大。手掛かりすら残されていない犯行に、風紀委員も警備員も手をこまねいていた。

『はぁ… な~んか、ちょっと…なんだかな~って感じなんですよね~…』
『え?』
『いや~、なんて言うか、初春や白井さんはジャッジメント頑張ってて、御坂さんは凄い人だし…』
『あたしはな~… みたいな…』
コンプレックスDEムチャしやがってフラグ (゚∀゚)キタコレ!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
mikoto6.jpgyoujo2.jpg

予想外の 「カバン幼女再び」 キタ――(゚∀゚)――!! って訳で、第7話です。
前回の前振り&次回予告通り、なんの捻りもなく典型的なテンプレ展開でしたね~。
ゆかりんのマユゲみたいに、予想外のオチとかがあった方が面白いと思いますけど…
まぁ、今回も前振りで、真相に近づくステップな感じですから、この構成もやむなしでしょうね。
下手にオチつけてたら、次回に緊張感が続かないだろうし。

mii2.jpgkuroko1.jpg

しかし、犯人の「介旅 初矢」(かいりょ はつや で良いのかな?作中じゃ名前呼ばれてないのでw財布呼ばわりw)
こいつが小物すぎた… 背景、動機、まさしくミジンコ級。
ラスト近辺で美琴と対比させていますけど、相手が小物すぎてイマイチですね…
ってゆーか、こいつカバン幼女を巻き込もうとしやがった!? 絶対許せん!! 1発殴ったくらいじゃ許しませんよ!
美琴もレールガンで粉みじんにしてやれば良かったのに!!

その初矢くんが学校でカツアゲされるシーンは凄かったですね!? 最初友達かと思いましたよww
あの部分は完全な外注なんだろうけど、「聖剣の刀鍛治」もビックリのクオリティ!! ブサメンすぎだろwww
まぁ、あんなシーンどうでも良いので、手抜きは大いに結構ですが、メインキャラは気合入れてくださいね!

しかし、上条ちゃん… 客観視点だとホントにカッコイイな!! 本編じゃ何であんなにウザイんだろうか?
本編の方も美琴からはこんな風に見えていると思えば、惚れてしまうのもわかるな~。
そして、説明要らずのトンでも能力! やっぱ説明が無いと 「スゲーな!!」だけで納得できてしまうから不思議。

今回、かなり 「佐天 涙子のコンプレックス」フラグが立ちまくっていましたが、次回なんかやらかすのかな?

では、次回 第8話 「レベルアッパー 幻想御手」 なんだかんだで、事件が続くと固法先輩の出番があるので、
私的には嬉しい展開続いてますね! これで、婚后 みっちゃん も出てくれば!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
ruiko4.jpgkazari5.jpgmii1.jpgmikoto8.jpg2ri2.jpgkazari2.jpgkuroko2.jpgkuroko5.jpgmikoto2.jpgmikoto4.jpgmikoto7.jpgruiko2.jpgruiko3.jpgyoujo1.jpgtt.jpgkazari3.jpg

関連記事リンク
とある魔術の禁書目録 総括評価・レビュー・感想  とある魔術の禁書目録OP/ED動画
とある科学の超電磁砲 各話感想  とある科学の超電磁砲 OP/ED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(15) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

コメント 3

takao

>上条ちゃん… 客観視点だとホントにカッコイイな!! 本編じゃ何であんなにウザイんだろうか?

本編はあんまり見ていませんし、原作も読んでないのですが、本編だと鬱陶しい説教があるからじゃないですかね?「おまえの幻想を俺が殺す」云々とか。あと、すごくめんどくさがりのくせに、なんだかんだで事件に関わっている、とか。そこら辺が影響しているような気がします。
by takao (2009-11-15 10:48) 

HINAKA

HINAKAです。

reinman様

上記コメントが、takao様ですので敢えて異論を(takao様お許しを)、まず今回「超電磁砲」の当麻君、確かに格好良過ぎです。
ですが、困った事に「禁書目録」の当麻君は、この当麻君では無くなっているんですよね!?記憶を無くして……。
ですから、人格が変わってもしょうがないし、そもそも「ビリビリ女」に何で付け回されるか、分からないのかも知れません……今でも、一部不明ですが!

オマケに、「禁書目録」自体が、最初からヘビーで今回の「超電磁砲」みたいに、「常磐学園、そこは乙女の園……ジャねェ~ッ!」的な、お気軽さが無くしかも最初から謎だらけで、今回のように女の子4人の恐くも楽しい、事件をビリッと解決する物語ではなく、最初から最後まで、訳の分からない事だらけで振り回される当麻君の物語とは、性格が違うので「見方が違う」と言うよりは「お話の構造が違う」状態だと、思います。

個人的には、できればこのまま、気軽で楽しくちょっぴり恐い!けど、ビリッと解決しちゃう物語で、いて欲しいと思います。

takao様、失礼致しました、御無礼お許し下さい。
reinman様、それでは、また!


by HINAKA (2009-11-18 00:58) 

rainman

takaoさん、HINAKAさん。nice!&コメありがとうございます。

そういえば、HINAKAさんの仰るとおり、禁書の上条ちゃんは記憶喪失でしたね ^^; なら多少の違いはあるのかな?
ただ、takaoさんの仰ることも良く分ります。やっぱ説教が無いのも大きい要素ですよね ^^
私の見解を述べるならば、原作メディアの違いが出ているのではないでしょうか?
レールガンは漫画原作なので三人称視点。禁書目録は一人称小説が原作なので、アニメも上条視点が主です。
某キョンに代表されるように、一人称は心の声が多いです… キョンでも喋りすぎで鬱陶しいのに、さらに説教まである上条ちゃんは… ってのが私の見解です。
原作小説では心の声は気になりませんが、アニメ化で全てセリフで表現しているのが鬱陶しく感じる原因ではないか?と思ってます。
あくまで、私見ですのであしからず ^^
by rainman (2009-11-18 09:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。